先輩看護師インタビュー

Interviews
外科系病棟
(消化器外科、耳鼻科、乳腺外科、泌尿器)

7年目 Yさん

人を大事にする環境があるから、
さらなるステップアップも目指せる

当院には新卒で入職し、今年で7年目になります。私は奨学金を受けて看護学校に通ったのですが、就職先を選ぶ段階でパンフレットなどを見て、当院を選びました。学校も実家も近かったことも理由としてはありますが、以前から地域に根付いた病院というイメージを抱いていましたので、ぜひここで働きたいと思いました。

新人の頃は先輩方からは厳しく優しく、丁寧に指導していただきました。3年目くらいまでは「やりたい!」と思っていることができなくて、空回りばかり…。でもそんな自分の仕事ぶりを、先輩方にフォローしていただくことが多かったと思います。この状況を乗り越えたのが4年目で、ちょうど奨学金の返済を終えた頃です。「ここで辞めるわけにはいかない」という気持ちが強くなり、今まで働き続けることができたのだと思います。

今現在、看護師7年目を迎え、チームをまとめる側になりました。がん患者さんのターミナル(看取り)を担当するようなチームに所属していますが、研修を受ける機会もあり、そこで深めた知識をチームのみんなに伝えることが増えてきたように思います。
去年まで2年間、新人さんの教育も担当しました。現場の仕事と違って、教えることに難しさを感じながらも、「新人さんの味方であること」を大事にしながら、取り組んできました。新人さんに対する接し方を学び、今では、新人さんを育てるプリセプターのフォローや、自分自身が手本になれるにはどうしたらよいのか、勉強しているところです。
時々、指導のことで悩んでいるプリセプターにアドバイスをする場面がありますが、教えることの難しさ、教育側にも「センスが必要」という部分で、改めて難しさを感じています。

病院によってそれぞれ良さがあると思いますが、ここで7年間働いていて一番良いなぁと思うところは、やはり「人間関係の良さ」です。スタッフ同士、すごく仲は良いけれど、でも締めることころは締める、という良い関係があります。他の病院に転職したけれど、また当院に戻ってきてくれるスタッフもいます。
今は家庭のことに重点を置いていますが、今後の目標として、いずれは認定看護師などのスキルアップも目指せたら、と考えています。忙しい病棟ではありますが、スタッフのタイムマネージメントの配慮など、子育てしながらも働きやすい環境を作っていただき、とても助かっています。