ごあいさつ・理念

Greeting
百年の思いを看護で紡ぐ 百年の思いを看護で紡ぐ

ここ神戸百年記念病院には地域の皆様とともに過ごしてきた時間が今も脈々と流れています。

時間という中で私たち人間は「どこかで」「どなたかと」過ごすということを繰り返しながら生きています。その「場」と「人」は常に何かしらの意味を私たちにもたらします。

入院中の患者様にとっての病院は「場」であり、医療従事者は「人」にあたります。
しかし、この入院という状況の始まりは急性期において本人の意思とはほぼ無関係に不意に半ば強制的に訪れます。患者様はこの状況の中で、退院に向かっての日々を「病院という場」で「医療従事者という人」と過ごします。自分の本意ではないとしても「回復のためには仕方がない」と...

ただ、私たち自身にとってもそうであるように
患者様にとっても「その場」や「その人」に意味があるということを
日々身近にいる看護職の私たちは忘れてはならないと思うのです。

この神戸百年記念病院の先人たちの思いを私たちは看護で紡ぎ、患者様とともに過ごす今この時間が患者様の「生きる」に意味をもたらすことを常に願ってやみません。

看護部長 入学 佐美里

「生きる」を引き出す看護を地域の皆様へ 「生きる」を引き出す看護を地域の皆様へ
看護部目標 看護部目標
  • 患者様の回復力を最大限に促進する看護を提供する
  • 患者様へ安全と安心を基盤とする看護を提供する
  • 多職種連携における看護職としての役割を果たす
  • 看護実践家としての自己を省察的に研鑽する
基本方針 基本方針
  • 患者様の人としての尊厳と権利を常に尊重する
  • 安全安心を最優先とした個別性重視の看護を実践する
  • 組織における看護者としての責務を遂行する
  • 徳を備えた看護実践家としての成長に努める

クレドカード

看護部では、全看護職員にクレドカードを配布し、看護部の理念・目標・基本方針を常に共有することで同じ価値観のもと質の高い、やりがいのある看護提供につなげています。

看護部勤務体制

看護配置 7:1
看護単位 8単位(病棟部門4単位、外来部門、手術部門、人間ドック、地域医療連携室)
勤務体制 [病棟]変則二交替
[外来]日勤(土・日・祝祭日に日直、宿直あり)
[手術室]日勤(夜間・土・日・祝祭日オンコール当番制)
*勤務体制についての詳細はワークライフバランスをご覧ください。
看護提供方式 病棟 固定チームナーシング
看護記録 フォーカスチャーティング